2018年02月05日

☆ 優しさ ☆



私たちは、心配することが優しさの1つと思いがちなところをもっています
だからこそ
友人や知人・同僚など具合が悪そうなひとを目にした時などには
『大丈夫?』と心配の声を発します

ですが
同じ友人や知人・同僚などが、進行性の病気になってしまった時や
極端に痩せていた時
救急搬送をされる時を目にした時などには
言葉では、『大丈夫かしら?』と発し、心配な気持ちの優しさであったはずのものが

興味などの野次馬精神などに変化をしてしまう現実にあります

そのことを、しっかりと捉えている方は
相手の方に対して、『あなた痩せたわね!どこか悪いんじゃないの?』と言うことより
相手の方を気遣われて、『あえてふれず何も言わない』
何も言わないで、そっとして ふつうに接する
私は、そんな優しさをこれからも大切にしてゆきます

だって
相手(本人)の気持ちこそが大切ですので 相手が言いたい気持ちなら
相手から言ってきますから



◆私、 あらかわ のホームページ
心の悩み解消のために活動をしている
新潟 カウンセリングルームSUNのホームページです( ^^)

http://www.counseling-sun.com


同じカテゴリー(ブログ)の記事画像
☆ ショックでダメージ ☆
☆ イライラの気持ちが強まった時には ☆
☆ 遠方などによって面談が困難な方から ☆ 
☆ 共に成長させていただけるよろこび ☆
☆ いよいよ ☆
☆ 私の存在価値 ☆
同じカテゴリー(ブログ)の記事
 ☆ これだからやめられない ☆ (2018-08-08 07:39)
 ☆ ブログを書かせていただいて ☆ (2018-08-06 12:53)
 ☆ 感謝と感動 ☆ (2018-08-02 23:03)
 ☆ 先回のanswer ☆ (2018-07-27 19:38)
 ☆ 強い気持ちをもって ☆ (2018-07-23 13:25)
 ☆ 悩みの解消には ☆ (2018-07-13 01:19)

Posted by あらかわ  at 13:28 │Comments(0)ブログ

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。