2019年06月29日

☆ ムカつく心の和らげ方 ☆



最近
私にとって最高にムカつくことがありました

それは、対人関係の中でのできごと 相手が私に対して理不尽な一方的な注意をしてきたできごと
私は、仕事の関連でおひとりの精神障害で通院を余儀なくされている方の就労支援施設へお迎えにその就労支援施設の駐車場で自動車の中で待っていた時のこと

就労支援の時間が終わろうとしていた頃、施設の方のおひとりの女性が自動車の中の私に
『 この場所は施設のくるまを止めるところですから ここで止まって待っていないでそっちの路地に入った駐車場で待ってもらえないとこまります// 』と一括されてしまいました

私の心の中は、その言い方は 私がルールを守らない悪者としての注意?警告?と違和感をおぼえながらも その施設の女性の指をさしていた方向の路地へすぐに自動車で行ってみました
行ってみると施設の女性が言っていたとおり駐車場はありました
ですが、駐車相はそこら中に自動車が駐車されていてどこがその施設が借りている駐車場なのか駐車場には記入もなく ただただ私の頭の中はぐっちゃぐちゃになる一方でした

そこからは、気持ちがムカつきとイラつきの感情がこみ上げてきました
なぜなら
以前 ある方の就労支援の利用のため、私も同行をさせていただいた際待っていて怒られた駐車場へ止めていて
説明をされていた方が まさしく今回 ここに止めてもらってはこまるダメ!!と怒ってきた施設の女性なのですから
怒るくらいだったら駐車場の止めて良い場所を事前に説明をしていなければ
怒られた駐車場は、6台分のスペースのうちの1台分 どこのスペースにも施設用やお客様用ともない
迎えに来たくるまや、お客様が止める駐車場が少し離れた別の箇所にあるなんて思ってもみなくわかるわけがない!!
私からしたら、ただただ理不尽に怒られただけ!!
だからこそ ムカつきがわき上がってきました



ですが、ムカつきやイラつきは 心にも身体にも悪影響にしかなりません
ふつう、一般的な方の例では
手っ取り早いことは、その怒ってきた女性に抗議をする
でなかったなら 言われたことにムカついていてもグッと我慢をする
などが多いかと想います

私はどちらも好みません
なぜなら どちらを選んでみたところでイラつきムカつきしか残りませんし
そんな生活は望みません(^^♪

私の1つの対策は、他者を自分の主観で良し悪しをくだすのではなく
他人の言動や行動を見て、自分の言動や行動を確認する
他人のイヤな言動や行動を指摘したって直してもらおうと意見をしたって
そのひとに変わる気持ちがなかったなら他人は変えられないものです

でしたら、ひとのダメなところをガッツリと見ることより自分を言動行動を高めた方が良いです
まだまだ私なりの心の和らげ方や対策方法もありますが 今回はこの辺で終わりにいたします
最後までお読みいただきありがとうございました
  


Posted by あらかわ  at 22:23Comments(0)こころ